痛んだ髪の人が白髪を染める方法

自分の髪の毛が傷んでいるという人は多いと思います。さらに髪の毛が傷んでいる状態で白髪染めを繰り返すことにより、より髪が傷んでしまいダメージが見た目にも大きくなってしまうという人も多いのではないでしょうか?
白髪染めをして髪が傷んでしまうのは、白髪染めに漂白剤の成分が入っていることが原因です。漂白剤は髪のキューティクルを開かせて髪の内部まで浸透させるという働きをしているのですが、キューティクルが開いたままの状態を続けることで、髪の毛の栄養となっているタンパク質が外に流れ出てしまうことになって、結果髪をさらに痛めつけてしまう大きな原因となってしまいます。したがって、傷んだ髪の人が白髪染めを行う時には、漂白剤という髪を傷めつける成分が含まれていない白髪染めを使用することが重要で、今では天然成分配合の白髪染めがいろいろなメーカーから販売されているので、なるべく髪に良い成分を配合している商品を選んで白髪染めを行うようにして下さい。
その他にも傷んだ髪の人が白髪染めをする時には、たんぱく質の栄養分を補給するためにヘアトリートメントをきちんと行うようにすることで、白髪染めとヘアトリートメントをセットで行うようにして下さい。トリートメント剤を選ぶ時には保湿効果とモイスチャー効果が高い商品を選ぶことをおすすめします。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る